バストアップに興味が無い40代主婦がまさかの

バストアップに全く興味がない40代の主婦です。
もともと胸は小さく、子供も母乳で育てたこともあり胸は垂れ気味でした。

そんな私が気がつくとはバストアップしていたんです。
バストアップの為の運動とかは全くしていません。
考えられるのは手術後から服薬しているお薬だけです。

おすすめサイト:ピンキープラスの効果や口コミ

病院からいただいているお薬は、プレマリン錠とプロベラ錠です。

どちらの薬が、バストアップにつながっているか私にはわかりませんが、お薬手帳に書いてある薬の説明は次のようになっています。
プレマリン…女性ホルモン(卵胞ホルモン)剤
プロベラ…女性ホルモンの働きが十分でないときに起こる症状を改善します。
4年前に卵巣境界悪性腫瘍と診断され卵巣と子宮を切除しました。

卵巣と子宮がなくなり更年期障害の症状が出てきたのでこの薬を飲み始めました。
更年期障害のために飲んでいたこのお薬がまさかのバストアップ効果もあったとは思いもしませんでした。

現在はピンキープラスというバストアップサプリもありますが、そちらも女性ホルモンに働きかけるようですね。

20歳の時に卵巣のう腫で片方の卵巣を切除していました。そういう体質の私なのかホルモンバランスも悪かったんだと思います。お薬を飲むようになりホルモンのバランスが良くなり、今では人生で1番胸が大きい感じがします。垂れ気味だった胸にふくらみが出てきています。 40過ぎて胸が大きくなってもあまり意味がないんですけどね…。

このお薬を飲むに当たって担当医から、毎年1年に1回必ず乳がん検診を受けるように言われました。

この薬を摂取している人の乳がん発生率が一般の人より高いということです。

「乳がんになるならこのお薬は飲まない」と私が言うと、先生はこの薬を飲んでいる人は私のように何らかの病気だった人がほとんどなので健康診断を確実に受けている人が多いと言うことでした。

だから必然的に乳がん発生率が一般の人より高い数値になっただけと言われこの薬を飲むようになりました。良いにしろ悪いにしろ女性ホルモンは胸に影響しているんだなと感じています。手術して子宮も卵巣もありませんが、なんだか昔より元気になった気がします。

私のような年代でもまだまだ胸が大きくなるんですね。小さい胸に悩んでいる方は諦めずにバストアップに取り組んでいただけたらと思います。